小麦粉粘土の作り方!!五感を使い創造性を育む

もーっちもち♡の小麦粉粘土遊びは最高!!




小麦粉粘土って知っていますか??

家にある、しかも普段食べている物で粘土が簡単に作れるのです♡♡

 

雨の時期や、子どもが体調不良などの時には、お部屋遊びがつづいてしまう時ってありませんか??

「外に行きたい!!」

「いやいやお熱でしょ?」

「嫌だー!!」ギャン泣き!!

これ我が家、、(笑)

 

ストレスが親子共々溜まってしまう。

そう、、看病だけでも大変なのに、それだけに納まらないのが子育てですよね。

 

お家遊びを楽しめる遊びを知っているだけで、その一日がまた違うスペシャルな日になるはず!!!!

そんなこと言ってますが、なかなか時間もとれないのが現実ですが、、、我が家の子供たちは粘土が好き♡手抜きで100均の小麦粉粘土をストックしてます。(笑)

ただ、自分で作る小麦粉粘土は最高ですので、ご紹介します♡

 

小麦粉粘土の作り方をご紹介!

小麦粉粘土の材料は

手づくり小麦粉粘土の作り方

お写真にしましたが、材料はこれだけ!!

パン屋さんになった気分を味わえますよ♡

 

今回は、

keiが友人と秋から始めた親子サークル「にっこりクラブ」で使う用の小麦粉粘土。

2歳から4歳さん向けに小麦粉粘土をして遊ぶ前日に、スタッフと一緒に2キロの小麦粉を使って準備!!

すーんごい量で、、疲れるほどこねました(笑)

 

我が子たちは、

「えー??なにこれこねたい!!てか固まりやん!!!!」

そのお写真を交えながら説明いたします!!

 

小麦粉粘土の作り方2

ホワイトボードに貼った作り方をそのまま!

 

簡単なんです。

分量はこれだけ!!!!

 

しっかりと、ラップをしてジップロックに入れて、冷蔵庫にいれておいたら1週間はもちます。

ただ、生ですから1週間くらいでさよならをオススメします。

 

また、いくら食べれる物で作ってある、、とはいえ、小麦粉粘土ですからお子様が食べないように一緒に遊んでいただくことをオススメします!

 

時間がある場合は、粉から粘土を作ってみよう




子供と一緒に、この「小麦粉に水を入れる!」からできたらまた全然ちがって、

小麦粉の匂いを感じ

水を入れることで固まっていくのを肌で感じ

感触、質感、匂い、さらに温度の変化を感じたり、混ぜ具合で

も~少し水!!!

なんていうかもしれませんよね♡

五感をフルに使えます。

 

塩を入れる過程で、「保存するには塩を入れたらよい」という知識が自然と入る。

気分はパン屋さんですね!!

 

油を入れて仕上げていく、なんだかまとまりがてきてつややかになるじゃないか、、、

遊びを通じて学ぶ!!って素敵。

 

五感を使って自分で体験できる!実体験!

たかが小麦粉粘土、、されど小麦粉粘土!!

と私は思っています。

小麦粉ねんどで五感を使い、さらに創造力、想像力を育む!!

 

小麦粉粘土の作り方

このでっかーい、もちもち小麦粉ねんどを見せたら、、、お母さんも喜んでくれました!

すっごーい♡

そこですよね!!親子で楽しめることがなにより素敵!!

お母さんが楽しそうだと子供も楽しい!

子供もお母さんが楽しそうに触っていたり作っていたら、、

「なにこれ、、、触りたくないなぁ、、、」

と思っている子供も、

「お母さんすごい楽しそう、、、やってみようかな??♡」

となるはずです。

 

これは他のことも全てかもしれませんね、、、

お母さんが笑顔なら子供も嬉しい♡

導入に今回読んだ絵本は

こちら、

 

さっそく小麦粉粘土を楽しむ子供たち

皆でさぁー触ってみよう!!!

手のひらをつかって丸めていったり、指先でつまんでみたり、とりあえず伸ばしてみたり、、

遊びは無限!!

正解なんてありません!!

自由!

 

子供たちは夢中になってどんどん様々な世界をつくりあげていきます。

「見て!おにぎり」

「それなーに??」

「餃子!たこ焼き作ろっかー??」

会話も弾む♡心躍る

 

我が娘はケーキを作っていました!!

正体不明でも、娘がケーキといえば、

「すごーい!なにこれ?いちご?」

「ちがう、、クリーム!」

「そーなん、クリーム美味しそう!!」

 

子どもを認めてあげる、を、自然と遊びの中でできます。

子供の褒め方ってどうしてる?

決まりなんてない、、自由な発想でどんどん広がる小麦粉粘土の世界感で、、子供の想像力、創造力をはくことができます。

 

子供はおもちゃも本物が好き!

 

小麦粉粘土で型をとる

サークル、今回は2歳から未就園児さん向けコースにしましたので

お持ち帰りケースとして、透明の捨てれらるお弁当ケースを渡しました。(写真参照)

 

小麦粉粘土でお弁当づくり

これも、子どもが小麦粉粘土を触って遊びが発展してきたころに、

「こんなのあるよーお弁当にしても面白いよね??」

なんて言ってみたら、、

あれよあれよという間に、、子供達から新たな発想が生まれていましたよ♡

 

あーすごいなぁ!やっぱり子供って面白いなぁ!!私自身も楽しかったです。

おかずケースも渡したら雰囲気でます♡

 

他にも粘土遊びグッズを用意しました。わざわざ買いそろえなくても、

プリンカップやヤクルト容器、ゼリースプーンなどなど身近にあるものでも十分あそべます!

 

今回は粘土版の代わりに、牛乳パックを開いたものを使いました。

汚れたら捨てれますし、わざわざ粘土版を買わなくても家にあるものでできます!

 

子供も、「牛乳パックは開いたらこんな風に使えるんだなー」と感じる子は感じますし、粘土からさらに制作に発展するかもしれませんね!

 

小麦粉粘土

こちらは親子サークル「にっこりクラブ」の様子。みんな楽しそうに作っています。

小麦粉粘土をお家でも是非楽しんでいただけたらなぁーと思うkeiでした♡